スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
 
 

理科の勉強のことですよ!

( ゚д゚)ノ こんばんわー、今日も来てくれてうれしく思います。



小学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)のうちに理科に興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)を持たせることができれば、将来的にも理系に強くなれるかもしれませんね。



理科に興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)を持つきっかけは、子供によっては違いらっしゃるのではないでしょうか。



親としては、出来るだけ数ある機会を与えてあげたいと言われています。



例えば、科学館に行きみたり、親子の科学教室(何かを教わるのであれば、そのクラスの人?も重要になってきます。







多人数のクラスになるほど、一人一人に合わせられなくなるでしょう)に参加してみたり。



稲刈りや芋掘りなどと言った収穫体験をするのも良いと思います。



親子で一緒に天体観測(天文台では、特殊な機器を使った観測が行われています)をするのもオススメです。



天文台や科学館などが実施している天体観測会に参加すると、より専門的に学ぶ事が出来るはずです。



プラネタリウムや植物園に行くのも良いと思います。







とにかく、理科にちょっとでも関係するように体験すると言うことが重要です。



実際に体験した事は忘れにくいですし、不思議だ、興味深いと思えば、理科への興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)も高まるはずです。



それに、理科クイズや何故なに図鑑と言う読み物も、子どもの理科への興味(相手に対して全く持てないのであれば、関係を築くことは難しいでしょうね)を高めてくれます。



近年、ベネッセなどから理科の学習が可能なDSソフトも売られていますね。







小学生のうちは、理科のテストで満点(ケアレスミスをしていると、絶対にとれないものです)を取るのもそんなに難しくはないでしょう。



ある程度、出題される問題は決まっているため、教科書に沿った問題集を何度か繰り返して覚えればいいはずです。



単に理科のテストの点数をあげたいと言うだけなら、机に向かって勉強した習慣をつけさえすればいいのです。







でも、感受性豊かな子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)に育て、よりよい人生を歩んでもらうためにも、理科に興味(心や体が疲れていると、何に対しても持てなくなってしまうことが少なくありません)が持てるような色んな体験をさせる、あるいは、一緒にすることが重要なのです。







それでは、嗚呼,気分爽快





この記事の関連ワード
小学生 勉強 やる気 国語辞典 小学生 小学生 理科 小学生 学習 教材 小学生 ドリル 

| 小学生の学習 | 07:40 | comments(0) | - | - |
 
 

作文や読書感想文の克服について

今晩は、今日もご訪問ありがとうございます。



正直な話、作文や感想文(これが原因で読書嫌いになってしまう人もいるそうです)が得意と言う子の人が珍しいと思いますよ。



大半の子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)は、作文や感想文(最近では、そのまま学校に提出できるような読書感想文の見本を掲載しているサイトもあるようです)が苦手です。



苦手というよりもむしろ、「面倒くさいから嫌い」と思っている子が多いのが現状でしょう。







ですから、「嫌い」と言ったのを少しでも無くしてあげなければならないでしょうね。



好きにさせるのは困難かもしれませんが、嫌いでは、「書きたくない度」が高い為、どうしてもイヤイヤやることになってしまいます。



では、どのようにして嫌いでなくさせるかといえば、最初の段階のうちは内容に関して細かく指示したり、指摘しない事です。



自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうんだという人もいますよ)に好きな事を書いてよいと言った条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)が、まず最初にとても重要です。



そして、書かれた内容を否定しはいけません。







次に、文章(わざわざ学ぶ方もいるくらい必要とされるスキルですね)を書く習慣と言うのも、できるだけ早いうちから付けたいとされています。



文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)で何かを伝えるということを身体で覚えさせます。



実は、文章(得意な人は得意、苦手な人は苦手と分かれやすいものです)で気持ちを伝えるのは、大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。



周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)でも案外難しい事がよく知られているのです。







文字しかないインターネット(最近では、意識が甘いためにブログが炎上したり、仕事をクビになったり、学校を退学になる人も少なくないでしょう)の世界では、ほんのささいな文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)のニュアンスから揉め事に発展することもよくあるものですよね。



ですので、家族間で簡単な交換日記みたいなことをするのも良いはずです。



沢山書く必要はなく、毎日たった一行でもいいですから、自分の気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)や行動を文章(ちょっとした一文でも、その人の個性とセンスが出るものです)で相手に伝える訓練(練習次第で、できなかったことでもできるようになるのが人間のすごいところだと思います)をした方がいいでしょう。







作文や感想文(これが原因で読書嫌いになってしまう人もいるそうです)は、内容をほめられたのみで好きになる子が案外多い為す。



ですから、内容を褒めてあげるということも重要なポイントといっていいと思います。







さてと、明日はいい日かな〜バイバ〜イ♪





この記事の関連ワード
小学生 勉強 やる気 Z会 小学生 小学生 学習 教材 書道セット 小学生 読書感想文 小学生 

| 小学生の学習 | 23:52 | comments(0) | - | - |
 
 

小学生の読書はどうなんでしょうか?

この頃、公立の小学校で、始業前に読書活動を実施する「朝読書」の時間が設けられている事を、御存知でしたか?

このように、子どもに読書をさせる事が学習にもとても役立つと言う事は、今では周知の事実かもしれませんね。

それでは、何故子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)に本を読ませるといいかもしれませんよ。

それは、読解力が身に付くからです。



国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)の問題は、算数の問題とは異なり、やり方を一度覚えたら他の問題も解けると言うものではないものです。

文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)を読む力、理解する力が必要になってきます。

けれど、この読解力(文章を読み、その内容を理解する力をいいます)はすぐに身に付くわけではないのです。



これまでいかに数ある文章(ちょっとした一文でも、その人の個性とセンスが出るものです)を読んできたかに大きく左右されてしまいます。

そのために、小学生の頃から本を読ませておく事が必要ではないでしょうか。

当然、小学生(学割がきくのが嬉しいですよね。

携帯電話料金なんかも安くなったりします)からきちんとした本を読ませる必要であるどありません。

絵本を読むことだって、立派な読書です。



そして少しずつ、子供が絵本では物足りなく感じるようになっていききてから、その時のレベルに合わせた本を用意してあげるといいですよ。

また、小学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)になったのをきっかけに、本の読み聞かせをしなくなる事が多いですが、子供が一人で本を読めるようになるまでにはは本の読み聞かせは続けた方がいいかもしれませんよ。

親子で同じ本を読む事により、その本の感想や本の登場人物の気持ちなどを話し合えると言うメリットもあるのです。



本を読ませようと本を大量に買い込むのではなくて、こどもと図書館へ出掛けて一緒に本を選択すると言う事で、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)は喜んで本を読むようになるでしょう。




それでは、また会えるのを楽しみにしてま〜す♪


この記事の関連ワード
小学生 学習 プリント 小学生 習い事 読書感想文 小学生 小学生 算数 小学生 家庭学習 

| 小学生の学習 | 23:16 | comments(0) | - | - |